春てりん店主satoがお届けする店のこと、日々のこと。


by haruterin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

コワスギル!放射性同位元素を注入

あいかわらず治療の日々が続いています。
午前中は通院、午後は図書館やネットで
乳癌についてお勉強などしてみております。
ちょっぴり知識も増えてきたので
この際、乳癌治療のカテゴリも増設!ということで
春てりん植物日記番外編:乳癌日記のコーナー登場で~す!

f0056190_184222.jpg

(今、通院しているのは聖マリアンナ大学病院。毎日大勢の患者さんであふれてます)

私は今、術後療法として毎日毎日放射線を浴びる治療をしています。
放射線はガン細胞を殺すそうです。
当然、他の細胞にもダメージを与えてしまうのですが、
こちらは24時間たつとほぼ復活するらしく、
だからちょっとずつ毎日浴びるのだと先生が教えてくれました。
ほんの数十年前までは
このちょっとずつというのが確立されていなくて
いっぺんに大量に浴びて皮膚がべろっとなったり
肺に副作用が出たりもしていたということ・・。
医学の進歩はありがたいですね~。

で、今日は、この放射線治療のほかに
骨シンチという検査をしました。
癌が骨に転移していないか調べる検査です。
事前の説明だと、
ある薬を注射して3~4時間すると、薬が骨に浸透するので
レントゲンをとり、転移を調べるということでした。

ところが、今日詳しく知ったところでは
この薬はなんと
放射性同位元素を含む薬で
これを注射すると体から放射線が放出、
これをカメラがとらえるというというものでした。

ということは
私から放射能漏れ??もわ~ん

きわめて微量です
心配ありません
40年前から使ってます

一生懸命、安心安心と書いてある説明書を信じるしかないのですが
やはりコワイなー放射線漬けの私。人間爆弾になった気分でござる。BOMB!
[PR]
by haruterin | 2006-02-17 18:48 | 乳癌日記